HOME > 特集 > 工事業者との付き合い方

見積もりから契約まで

前回、悪徳業者としっかりした業者の見分け方をご説明しました。次は、工事業者とどのように話を進めていって良いかについてご説明しましょう。

リフォームのイメージづくり

工事業者に来てもらう前に、自分たちのイメージを書き出しておきましょう。「ここをこうしたい」「色は青色がいい」など、具体的な希望があればどんどん書き出しておけば、より自分のイメージを明確化させることにもつながります。また、将来のことも考えて、「子供部屋のスペースを取りたい」「段差を無くしたバリアフリー住宅にしたい」といったものもあればより良いリフォームになるでしょう。

複数業者から見積もりを取る

前回にもお話したように、1社だけでは金額やサービスを比較することはできませんから、必ず3?4社から見積もりを取りましょう。そこで出された金額とプランを見比べれば、大体の相場がわかってくるはずです。その際には、各社に同じ仕様で見積もりをお願いして下さい。内容が違えば、当然見積もり金額もバラバラになってしまい、比較出来なくなってしまうからです。そして工事業者には「見積もりの金額によってはお断りさせてもらうこともあります」と言うことを事前に伝えておけば、トラブル防止にもなります。

見積もりの内訳書の確認

依頼した工事業者の全てから見積もりが出されたら、見積もり項目について確認しておきましょう。見積もりは必ずしも同じ書式で提出されるとは限りません。工事の項目名が同じでも材料費や人件費は違っていることもあります。安いからといって価格で判断するのも危険です。見積もり自体は安くても、後から追加工事という形にして安くしているというケースもあるのです。ですから、どの項目に何が含まれているかしっかり確認しましょう。内訳には聞いたことのない用語がしばしば出てきたりしますので、分からないものは工事業者に確認して下さい。質問に対して親切に答えてくれるかどうかというのも、業者選びの判断基準になります。

契約内容の確認

さて、ここまでで随分と絞れてきたと思います。あと一歩で契約ですが、その前に契約前のポイントをおさえておきましょう。

・使用する材料、工事期間、見積もり金額
・人件費、それにかかわる人数の確認
・業者の連絡先(住所、電話番号、担当者など)
・保証内容、保証期間、何かあったときのトラブル対応、契約解除の手続きについて

契約内容を確認をしないまま契約してしまい、途中で「イメージしていたものと違う」「頼んでいたのと違う」などといったことがあっては大変です。作業に入ってしまってからでは遅いのです。取り替えになれば材料も必要ですし、工事期間が延びてしまうので、当然お金がかります。契約前に保証やトラブルの対応についてもきちんと確認をしておきましょう。分からないところがあれば、良いリフォームにするためにもしっかり相手と話し合ってから契約しましょう。