HOME > 特集 > これで悪徳業者に騙されない!!

破格の金額で家の改築や立て替えを請け負い、杜撰な作業で金をだまし取る悪徳業者が増えています。 私たちが悪徳業者から身を守るには、一体どうしたらよいのでしょう?

※ここではあくまでも「悪徳業者である可能性が高い」というものを紹介しています。実際には安い金額で請け負っている業者さんもいるかもしれません。

塗料や材料費を安くする」というけれど?

塗料や材料など極端にに安いものを使用する場合、粗悪な材料を使う悪徳業者である可能性が高いのです。実際、こういった悪徳業者が補修したものは、一通り作業が完了した後、すぐに亀裂部に注入した接着剤がミミズ腫れのようになってしまったり、塗料がボロボロに剥離してしまい、1?2年で元の状態に戻ってしまいます。
このように「塗料や材料費を安くする」というのは、粗悪品を使う杜撰な悪徳業者である可能性があります。

人件費を節減しているから安い」ってホント?

アパートやマンションなど規模の大きなものを建て替えたり、リフォームするためには、ある程度のまとまった金額が必要です。なかでも、人件費は大きな割合を占めます。大勢の作業員が作業に従事しますから、当然、人件費を節減することは難しいのです。人件費が少ない場合、普通の場合より人件費が安かったり、少ない人数での作業になりますから、施工が未完成のままであったり、欠陥部分が見つかったりします。ですから、「人件費を節減している」と安く請け負うのは、悪徳業者である可能性があります。

見積書」見極めのコツ

通常、リフォームなどの工事料金の「見積書」は、木材などの材料費と作業員の人件費、その他諸経費や準備費が盛り込まれています。
多くのお客様が、大体ザッと目を通して決めてしまいがちですが、次のような見積書であれば危険かもしれません。

・材料費が大まかにくくられている
「材料費」 という項目だけで他に何も説明がない場合。
 事前に具体的な作業の方法を聞き出しておくのもポイントです。
・作業員の人数が設定されていない
 作業員の人数と工事期間が明記されず、人件費だけ記載されている場合。
・諸経費がやたら高い場合
 主に諸経費には、準備するに当たって必要だった経費や営業費用などが加えられています。やたら高い場合は注意が必要です。

基本的に「対応も親切で値段も安い会社」というのは、材料費や人件費が安い会社ではあり得ません。
ちゃんとした説明をしてくれて、しかも価格が正当なものであるところの方が、最終的には安い買い物になるのです。
目先の安さに騙されないことが大切です。

では、安くするコツはないの?

まあ・・・ないわけではないんですよ。
ここだけの話、もしあなたが今、リフォームや新築をお考えの場合は、直接信頼できそうな建設会社に依頼してみることです。
その場合、「いくつかの建設会社に見積りを頼む」ことが重要です。見積書は無料で発行しているところが多いので、3、4社に見積書を出してもらってください。
但し、相手先にもちゃんとその旨説明しておいた方が、トラブルを避けられると思います。こういう部分がちゃんとしていないと、お互いの信頼関係はできませんしね。

前項でも説明したように、材料費や人件費は安くさせるだけ損です。但し、諸経費については一部安くなる可能性があります。
例えば「営業費」。あなたが直接業者に依頼したので、 この価格は非常に安いはずです。また「中間業者へのマージン」も同様の理由から不要となります。また、自分で設計をしたりできる方ならば、「プレゼンテーション人件費」なども安くなると思います。
誠意ある業者さんとじっくり話し合って、納得できる値段を決定していくのが最適であると思います。

見積の段階では、材料の内訳や施工内容、作業員の人数や作業期間について確認しておきましょう。契約段階に入ったら契約約款や契約方法の見直しをし、内容に不明な点があれば、納得のできる話し合いをしてから契約しましょう。

業者が所属している団体や組合なども、安心して業者を選定する上での目安になります。
創和工業はこのような団体に所属しています。

日本樹脂施工協同組合 エポキシ樹脂など、樹脂を使用する業者の団体。
日本コンクリートアンカー工事協会 コンクリートに打ち込むアンカーピンを扱う団体。
日本リフレッシュ工業会 爆裂したコンクリートや鉄筋のサビ止め、交換などを行う団体。
ピングラウト協議会 水漏れを防止する樹脂を扱う団体。
(清水建設株式会社が主体)
アサヒボンド工業会 接着剤や樹脂を扱う団体。
(アサヒボンド工業株式会社が主体)
日本エアロ会 樹脂注入時に気泡が入らないようにするエアロ工法、現在貼り付けているタイルをはがさないで施工をするネットバリア工法などを扱う団体。(株式会社リノテックが主体)
CCA協議会 鉄板より軽く、鉄筋より強い伸縮性があり作業がしやすいという特性を持つ炭素繊維を扱う団体。